不妊の問題

血液検査をする

不妊治療は夫婦そろって受けましょう

世の中には、子供ができなくて困っているカップルは多いものです。ですから第三者が、子供がいないカップルに対して、「早く子供をつくったらどうですか。」等と言うことは絶対にしてはいけません。そして、実際に産婦人科に行くのであれば、不妊治療は夫婦そろって受けましょう。 なぜならば、女性側だけではなく、男性側に原因があることも多いのです。不妊になってしまう原因を男女別に見ると、女性側の方が確かに原因となる要素は多いのですが、男性でも精子数が減少していたり、精子の活力が落ちていたりして不妊の原因になっていることがあるのです。

精子に問題がある場合には

女性の場合には、卵巣の異常や卵管の異常、そして子宮の炎症等が不妊の原因となり、それぞれの原因に対して異なった治療法が必要ですが、男性の精子に問題がある場合には、体外受精が応用できます。 体外受精とは、男性の精子を取り出して受精能を獲得させ、女性から採取した卵子と結合させて受精させるのです。これらの作業は、全て処置室の中で行われますから、体外受精と言うのです。そして、受精卵は子宮内に移植されることになります。 体外受精には、産婦人科の医師が高度な技術力を身に付ける必要があります。ですから、信頼できる産婦人科を探すことから始める必要があるのです。 今では、インターネットで比較的簡単に評判の良い産婦人科を探すことができるようになっていますから、実際に利用してみましょう。

© 2015 産婦人科に通う【女性の安心安全健康ライフ】. Allright reserved. Terms and Condition | Privacy Policy
このエントリーをはてなブックマークに追加