不足した成分を補う

エコーの画面を見る

葉酸サプリの必要性を確かめる

葉酸は成人の場合と妊娠している時の1日に必要な量は普通と比べて倍の量が必要になります。葉酸が不足をすると流産を引き起こす無脳症や下肢の運動障害や膀胱や直腸の障害を引き起こす神経管閉鎖障害になる可能性があります。妊娠する前から妊娠初期にかけて必要な葉酸になります。食事からの摂取も可能ですが、妊娠初期におこるつわりでご飯が食事ができない場合もあるので葉酸サプリで摂取する事ができます。葉酸サプリは市販のドラッグストアやスーパーで販売しています。そして葉酸サプリはいくつもの種類があります。数ある葉酸サプリの中で自分に合うものを選ぶ必要もあります。

実際に摂取をしてみる

葉酸サプリの選ぶポイントは合成のものと天然のものがあります。そして無添加のものを選ぶ事です。妊娠中は葉酸サプリだけではなく、食事の際になるべく添加物をとらないことです。赤ちゃんに良くないものですので、控える事です。そして、妊娠時に必要な1日に0.4ミリグラムがしっかりと摂れるものを選ぶ事です。また鉄分やカルシウムなどを一緒に配合された葉酸サプリもあるので、いくつもササプリを購入するのではなく妊婦でも飲める同時に飲めるものもあるので、自分に合った商品を選んでみてもいいかもしれません。また、葉酸サプリだけではなく日々の食事にも摂取をしてみるのもいいと思います。ほうれんそうやアスパラガスなどの野菜やレバーや納豆などにも含まれています。

© 2015 産婦人科に通う【女性の安心安全健康ライフ】. Allright reserved. Terms and Condition | Privacy Policy
このエントリーをはてなブックマークに追加